洗面排水栓(ポップアップ)で水がたまならい、抜ける

ラバトリー(洗面)シンクの排水金具の取付上の注意点とトラブルの対処方法について説明します。

フランジ部の止水不良

フランジ裏面にプラマーズパテを施してください

排水金具のフランジ部(シンクの上部に接する金属部材)の裏面(シンクに接する部分)には、必ず製品に同梱されているプラマーズパテを施してください

止水施工をしていない、あるいは十分ではないと、排水栓を閉めて水をためたとき、フランジとシンク面の間から水が漏れ、シンクに水がたまらずに抜けてしまいます。

少しはみ出すくらいの量で

適量のプラマーズパテ(同梱)を取り分け、フランジの裏面に施します。その際、はみ出すくらいの量で、かつフランジのツバの(内周よりもむしろ)外周にしっかりとつくように意識してください。

はみ出したプラマーズパテは、カッターナイフの刃先をフランジの外周に沿わせるようにすると切り取ることができます。

カッターナイフの刃先でシンク面に傷をつけないよう気をつけてください。プラマーズパテの切り取りには強い力は不要です。

なぜ水が抜けてしまうのか

オーバーフロー穴付きのシンク

KOHLERのシンクは一部を除いてオーバーフロー穴があり、シンク面と底部の間に空間がある中空構造になっています。何らかの理由で排水ができず、オーバーフロー穴の高さまでシンクに水が溜まってもなお吐水が続くとき、シンクのオーバーフロー穴から溢れ入った水は、シンク面と底部の間の空間を通って、排水金具に到達し、排水金具のオーバーフロー穴から排水管に流れます。

この構造のため、フランジとシンク面の止水が不十分だと、フランジとシンク面の間から漏れた水も同じくシンクの中空部へ入り、排水金具のオーバーフロー穴から排水管へ流れます。

すぐには気づかない不具合

上記の理由から、この症状は「水をためようとした」ときに初めて発見されます。洗面シンクに水をためる行為は日常的に行われることは少なく、竣工の数ヶ月後に初めて気づくこともあります。

施工後は、必ず水をためて漏れがないことを確認してください。

排水栓の高さ調整

排水栓の高さが高く、ポップアップロッドを引いても排水栓が下りきらずに栓とフランジの間にスキ間ができて水がたまらない、という症状があります。

排水栓の下の樹脂部分を時計回りにまわすと全高が低くなります。

また、上部の金属化粧部分は緩みやすいので、高さの調整ができたら、羽根の部分を手で保持して金属化粧部分を時計回りにまわして、しっかり締め付けてから戻してください。