シングルレバータッチレスフォーセットの取付方法|K-72218

シングルレバータッチレスフォーセット(K-72218)の取付方法を説明します。

水栓本体の取付

  1. 固定ナットにネジを仮締めします。
  2. エスカッチョン(台座)の裏面にプラマーズパテを塗布します。同梱のプラマーズパテを適量取り分けて細く縒(よ)り伸ばして使用します。
  3. レバーが右になるよう水栓本体を水栓穴に入れます。ホースの末端が図の位置になるところまでシャワーヘッドを引っ張ります。※引っ張り過ぎ注意。
  4. ワッシャー、固定ナットの順にシャンクに通します。
  5. ワッシャー面と固定ナットの隙間が5㎜程度になるまで締め込みます。
  6. ネジが前と後ろになる向きに固定ナットの締め具合を調節し、ネジを締め込み固定します。

給水、給湯の接続

給水/給湯のホースを接続します。同梱の1/2変換アダプターを使用します。接続後は十分な洗管をしてください。

電磁弁の取付

  1. ホースにウェイトとクランプを通しておきます。
  2. ホースを電磁弁に接続します。
  3. 水栓のセンターラインから左右いずれか170~200㎜の範囲に電磁弁が取り付けられるようにブラケットを固定します。

ケーブルの接続

  1. 電磁弁の取付位置に応じてカバーの切欠きを外します。
  2. 防腐のためにセンサー端子に同梱のグリスを塗布します。
  3. センサー、スイッチ、電源の各ケーブルを端子に差し込みます。
  4. ソレノイド(電磁)ケーブルを端子に接続します。
  5. 電源プラグをコンセントに接続し、LEDが点灯することを確認します。
    電磁弁をブラケットに固定します。

ウェイトの調整

キャビネット床面から50~75㎜程度の位置にウェイトがくるようにクランプをホースに固定します。ホースの動きがスムーズかどうかを確認します。

水漏れの確認

センサーの確認

レバーを開いて吐水し、レバーLEDが点灯することを確認します。吐水口の下に手をかざして止水、吐水を繰り返し、センサーの作動を確認します。

機能の説明

自動シャットオフ:4分間吐水し続けると自動的に止まります。

センサーオーバーライド:停電の際、オーバーライド回してセンサー機能をバイパスし、水栓を手動で操作できます。

レバーの調整

LEDは、レバーを開いたときに点灯し、直立(閉)位置のときに消灯します。 必要に応じて
5/64 “六角レンチを使用して止めねじを調整します。

【レバー閉でLED点灯】止めねじを締めて、LEDが消灯するまで押し込みます。次に止めねじをさらに1/4回転締めます。

【レバーが直立しない】ハンドルが完全に垂直(閉)位置にしてLEDが点灯するまで止
めねじを緩めます。その後、LEDが消灯してさらに1/4回転するまで止めねじを締めます。

【水が完全に止まらない】止めねじを緩め、ハンドルを完全に直立(閉)位置にし、LEDが点灯するまで押し込みます。その後、LEDが消灯してさらに1/4回転するまで止めねじを締めます。