ラバトリーフォーセットのハンドル種類

ラバトリーフォーセットのハンドルの種類について説明します。

レバーハンドル

形状がレバー形のハンドルです。

止水している状態で、レバーは水側が時計の3時、湯側が9時の方向を向いています。ハンドルをそれぞれ水側は時計回りに、湯側は反時計回りに回すと吐水(とすい)します。湯水ともに時計の6時の方向を向いた位置で全開になります。

  • 止水時の向き 水側:3時  湯側:9時
  • 吐水の回転方向 水側:時計回り  湯側:反時計回り
  • 全開時の向き 水側:6時  湯側:6時
  • 止水時の回転方向 水側:反時計回り  湯側:時計回り

レバー以外

形状が四角、楕円、十字などレバー形以外のハンドルです。

湯側は止水の回転方向が時計回り、吐水の回転方向が反時計回りです。水側は湯側と同じ、またはその逆で止水の回転方向が反時計回り、吐水の回転方向が時計回りという場合もあります。

  • 止水の回転方向 水側:時計回り(or 反時計回り)  湯側:時計回り
  • 吐水の回転方向 水側:反時計回り(or 時計回り)  湯側:反時計回り

修理の際のバルブ選定

同一のバルブでも止水、吐水の回転方向によって2種類のオプションがあります。バルブの回転方向は、品番や写真からでは判断できません。

修理を依頼される場合は、必ず品番や写真のご準備と合わせて、以下の点を確認してください。

  • ハンドルの回転(開け閉め)範囲は「90度」か「360度以上」か
  • 湯水それぞれについて、止水(閉める)方向は「時計回り」か「反時計回り」か