キッチン排水金具(デュオストレーナー)取付方法|K-8801

KOHLERのキッチンシンク用排水金具、デュオストレーナー(K-8801)の取付方法について説明します。

プラマーズパテを施す

フランジ裏面のツバ部分にプラマーズパテを施します。プラマーズパテはツバの端までしっかりと施します。

排水金具をシンク穴に入れる

シンク下から見上げた様子

排水金具をシンク排水穴に入れます。このときシンク穴芯と排水金具芯を合わせるように注意します。

パッキンとワッシャーを入れる

パッキンとワッシャーを入れます。

このパッキンは止水用ではなく、ワッシャーとシンクの当たり面の緩衝用です。

固定ナットの締め付ける

  1. ネジを仮締めした固定ナットを本体にネジ込み、固定ナットとワッシャーとのすき間が数㎜になったところでネジをドライバーで締め込み本体をシンク側へ引き寄せます。
  2. 一旦ネジを緩め、再度固定ナットを締め込み、ネジをドライバーで締め込みます。
  3. これを繰り返し最後は固定ナットとのすき間が5㎜程度になるようにします。

はみ出たプラマーズパテの取り除く

はみ出たプラマーズパテをカッターナイフなどを使って取り除きます。

パラマーズパテによる止水が上手くできていると、写真のようにプラマーズパテが均等にはみ出します。

ストレーナーを取り付ける